良く読まれている人気記事

タグ:DV

今までにあった最大の修羅場 £100
102: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/11/26(火) 16:19:13.06
何とかまとめてみたので私の修羅場を投下。


小1~高2初めまで兄にDVされ、母に助けを求めても何もしてくれなかった…むしろ「あんたのせいで」って言われてた約10年間が修羅場。


私が小学校上がる前に両親が離婚し、「養育費いらないから私が子を2人育てる」と言って母が2歳上の兄と私を引き取った。


その後、母はお昼に給料が低いものの好きなことを仕事に夜はスナックで働いてた。
なので夜は結構な頻度で小3の兄小1の私の二人きり。
その頃から暴力を受けるようになった。

私が小3になる頃には、母はスナックを辞めていたのだが彼氏(母彼)が出来てて
その母彼が浮気したとかで母がヤンデレ化?してて一旦家に帰ったと思ったら母彼の家に泊まりに行ったり。
その母彼が怪しい行動すると家に電話がかかってきて「お母さん死ぬね」って感じに死ぬ死ぬ詐欺の相手した。
ちなみに兄には今まで通り暴力に加え、性的なイタズラをされるようになり毎日イライラしてた。

【小1~高2初めまで兄にDVされ、母に助けを求めても何もしてくれなかった…】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £99
549: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/11/21(木) 12:54:06.44
3年前の今頃に起きた出来事が最大の修羅場
当時結婚4年目の妻が家を飛び出して行方不明になった
妻は幼稚園教諭だったが、受け持った園児や同僚に何も告げずに消え去ったんだ。
俺は当然妻が日常通り出勤していると思っていたから帰ってきてから留守電に幼稚園からばんばん音声が
入っていたのに驚いて、ようやく事の重大さに気がついた。

【結婚4年目の妻が家を飛び出して行方不明になった】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £98
178: 1/2 投稿日:2013/11/03(日) 23:24:08.11
豚切りで投下。
のうのうと生きてきた人生で一番の修羅場。

父が脳のごく一部を損傷して、色々あって正常な判断が出来なくなったときの話。
祖父の葬式から間もなく上のような状態になり、本当にカオスだった。
医者嫌いな父は行かないの一点張り。
口論でヒートアップしてなぜかタオルに着火した。
気づいた私が飲もうとしたお茶で消火、家は無事だった。
父が「お前、何すんだ!」と掴みかかって来たので、
「お前が何してんだ!」
と父の頭に残りの綾鷹をぶっかけ、頬をパーで殴った。
グーだったかもしれないけど、必死すぎて覚えてない。
あの時の父の顔は一生忘れないと思う。

数日後、病院に行った父が母の目を盗んで逃げ出した。
腫瘍の疑いありと言われたのがショックだったんだと思う。
色々と強い母もさすがに腫瘍の件には参ったみたいで、一日中泣いていた。
私は泣きながらGoogle先生に質問しまくった。

長いので分けます

【父が脳のごく一部を損傷して、色々あって正常な判断が出来なくなったときの話。】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £96
214: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/14(月) 10:42:14.02
昔の話だけど。
私が小学生くらいのとき、家族全員でお婆ちゃんの家に遊びに行ったときのこと。
その家にはお婆ちゃん、お爺ちゃん、叔父がいて、叔父はいつも松葉杖をついてほぼ喋らない、髪の毛やヒゲはボーボーで麻原彰晃みたいな外見だった。
子供ながらに不気味な人だなって思っていた。
当時は特に気にしてなかったけどニートだったんだろう。

みんなで夕飯を済まして母が後片づけをしてると急に「痛い!!痛い!!やめて!!」と絶叫する声が。
慌てて見にいくと叔父が松葉杖で母を殴っていた。
小突く感じではなく、凄い勢いで殴っていたので「殺される!」と思った。
すぐに父が止めてくれたから良かったが、あのままだったらどうなっていたか。
病院に運ばれた母は複雑骨折だった。
私の中では大好きな母がなんの理由もなく骨折するまで殴られていたのが修羅場だった。
静かな叔父がなぜ急に母を殴ったのかは謎。
それから気づいたら叔父が居なくなってた。
施設みたいなとこに行ったらしい。今までも急にキれて障害事件をおこしたことが何回かあったらしく、もう家には置いておけないと。

もう20年以上前の話だけど、今だに叔父は施設に入ったままで、たまに父が様子を見に行っている。
今はもう廃人みたいで、声かけて反応がないくらいなんだと。

【叔父が松葉杖で母を殴っていた。】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £95
440: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/05(土) 01:34:51.10
生まれて初めての修羅場が既に最大級だった。

赤ん坊の頃、片耳を切断しかけました。一歩間違えば、「片耳無しほういち」だったな…。

【生まれて初めての修羅場が既に最大級だった。】の続きを読む

このページのトップヘ