良く読まれている人気記事

カテゴリ:恋愛 > マザコン

今までにあった最大の修羅場 £5
922: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/11/24(水) 18:03:53
姉の結婚が決まって、両家の家族の紹介を兼ねた食事会での出来事。
参加者は姉・両親・私と姉の彼氏・彼氏母。
彼氏父は既に他界されていて兄弟もなく、母一人子一人のご家庭だった。
姉から常々「彼氏がマザコンぽい」という話は聞いていたけど、母子二人で
暮らしてたんだからお互いが大事でも当たり前かな、と姉自身も私たちも思っていた。

食事会が始まろうかという時。
料亭の個室に全員が揃い、姉彼氏が最初のあいさつをしようと立ち上がった。
すると、
「あらやだまー君(姉彼氏)!シャツがはみ出てるじゃない!!」
彼氏母の大声。どうやらワイシャツのすそがズボンから出ていたのを見つけたらしい。
「え?うそ、恥ずかしいよママ直して」
「仕方ないわね、まー君こっちいらっしゃい」
まー君は畳に座っているママの前に仁王立ちした。
するとママはまー君のベルトを外し、一気にズボンを引きおろした。
そしてワイシャツのすそをピンピンと引っ張って伸ばし、きれいに整えて
元通りズボンをはかせてベルトを締め、くるりと一周させて背中側も確認し
おなかをポンポンと叩いて
「はい、コレで大丈夫よ。もーちゃんと着ないとダメよ、恥ずかしいでしょ」
幼稚園児の服を着替えさせるような彼氏母の行動と、それを当たり前と
信じて疑わない様子のまー君。

修羅場といえる派手な立ち回りや罵りあいは起こりませんでしたが、
私の家族は終始無言で味のしない料理をどうにか片付け
お通夜のような雰囲気でその日を終えました。
あんなまずい食事は後にも先にもありません。

ちなみに家に帰ってから両親も私も大反対しましたが姉は結婚。
その後も数々の修羅場を経験し、今は実家に帰っています。
「優しい人だと思ってた、親に反対されて余計燃え上がってしまった。
親の言うことは聞くものだ」と言っています。

【姉彼氏母「あらやだまー君(姉彼氏)!シャツがはみ出てるじゃない!!」】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £27

581: 名無しさん@HOME 2012/01/08 14:21:09
倦怠期のカップルって結婚していないのならサッサと別れて次探せばいいのに

と、いうことで便乗してカプルのプチ

彼氏の友達(男)夫婦が田舎へ帰るので一緒にと誘ってくれた
彼氏の家に招待して貰ってたし、こちらは交通費浮くし、子守りもできるので
どちらにもメリットあり3歳の女の子も可愛くて懐いてくれて
「お、おば?おねえちゃん…」とか最初は遠慮がちだったけど
すぐ仲良くなった

彼の家で降ろしてくれようとしたら友達嫁が「私も寄っていっていい?」
子供も「おねえちゃんとおにいちゃんと遊ぶ~」と泣く
友達が「親爺も御袋も待ってるんだぞ」と少しキレ気味
彼が「じゃちょっとお茶飲んでから」で皆OKとなった

玄関開けて彼のお母さんに挨拶しようとすると
「あ、あんた!いつの間にこんな大きい子こさえて!、バツイチだったんか?
ほんまにあんたらの子か!?」と怒鳴られて、花瓶の花や五円玉の金魚とか
手当たりしだい投げられて子供は泣き叫ぶし「ブス!よりによってデカイ女なんか」
罵倒されてさんざんだった

友達が出て誤解は解けたけど、泊れというのを振り切って帰って
それが原因か遠因かわかんないけど結局別れた
友達夫婦も前から姑さんとも上手くいっていなくて、やっぱり別れた
嫁が帰省に乗り気じゃなかったのを、私達をダシにして断れなくしたらしい

あんま修羅場じゃなくてごめんね

【玄関開けて彼のお母さんに挨拶しようとすると 「ブス!よりによってデカイ女なんか」 罵倒されてさんざんだった】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £14

135: 名無しさん@HOME 2011/06/18 15:56:18
知り合い(30歳会社員)の親がむちゅこちゃんらぶ~だった 
会社の夏休み、親は勝手に帰省してくると思い込む 
実際は帰省する時間なく彼女とプチ旅行 
その際携帯を家に忘れてくる 
2日間もメール電話に出ない!と母親警察に捜索依頼…(親は確か地元の名士) 
旅行から帰ったら警察来ててビックリだったそうな 
この過保護っぷりを、既に既婚の姉に愚痴ったら 
「何言ってんのよ!一番心配したのは私なんだから!」 
姉も母親と同じ弟きゅんかわゆすな人だった 
親が勝手に身元調査したとかで彼女さんは耐えられなくなって別れた 
以来彼女が出来たという話を聞かない

【知り合い(30歳会社員)の親がむちゅこちゃんらぶ~だった】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £7

922: 名無しさん@HOME 2010/11/24 18:03:53
姉の結婚が決まって、両家の家族の紹介を兼ねた食事会での出来事。 
参加者は姉・両親・私と姉の彼氏・彼氏母。 
彼氏父は既に他界されていて兄弟もなく、母一人子一人のご家庭だった。 
姉から常々「彼氏がマザコンぽい」という話は聞いていたけど、母子二人で 
暮らしてたんだからお互いが大事でも当たり前かな、と姉自身も私たちも思っていた。 

食事会が始まろうかという時。 
料亭の個室に全員が揃い、姉彼氏が最初のあいさつをしようと立ち上がった。 
すると、 
「あらやだまー君(姉彼氏)!シャツがはみ出てるじゃない!!」 
彼氏母の大声。どうやらワイシャツのすそがズボンから出ていたのを見つけたらしい。 
「え?うそ、恥ずかしいよママ直して」 
「仕方ないわね、まー君こっちいらっしゃい」 
まー君は畳に座っているママの前に仁王立ちした。 
するとママはまー君のベルトを外し、一気にズボンを引きおろした。 
そしてワイシャツのすそをピンピンと引っ張って伸ばし、きれいに整えて 
元通りズボンをはかせてベルトを締め、くるりと一周させて背中側も確認し 
おなかをポンポンと叩いて 
「はい、コレで大丈夫よ。もーちゃんと着ないとダメよ、恥ずかしいでしょ」 
幼稚園児の服を着替えさせるような彼氏母の行動と、それを当たり前と 
信じて疑わない様子のまー君。 

修羅場といえる派手な立ち回りや罵りあいは起こりませんでしたが、 
私の家族は終始無言で味のしない料理をどうにか片付け 
お通夜のような雰囲気でその日を終えました。 
あんなまずい食事は後にも先にもありません。 

ちなみに家に帰ってから両親も私も大反対しましたが姉は結婚。 
その後も数々の修羅場を経験し、今は実家に帰っています。 
「優しい人だと思ってた、親に反対されて余計燃え上がってしまった。 
親の言うことは聞くものだ」と言っています。

【姉の彼氏が気持ち悪いマザコンだった】の続きを読む

このページのトップヘ