良く読まれている人気記事

2014年06月

今までにあった最大の修羅場 £41
935: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/22(火) 10:07:24.59
投下無いようだから、自分の人生最大の修羅場を投下する。

元がつくけど、最初に結婚した人は、とにかく直情的だった。
もうカーッとなると、後先が考えられないタイプ。
でもお互いに譲り合って、相手を怒らせること自体があまり無かったから、
それなりに平和に暮らしていた。
それが変わったのが、俺の浮気妄想に嫁が取り憑かれた時。
原因は、仕事が修羅場すぎて帰れなかったことなんだけれど、3日間
「仕事が忙しくて帰れない。ごめん」というメールだけで連絡して、
電話もせずに帰れず、ようやく帰宅したら家中のガラスが割られてて、嫁がいなかった。
最初は何が起こったか分からなかったけど、嫁の書き置きで、
嫁がやったこと、後悔して姿を消すことが分かった。
ガラスが無いので、雨とか雪がふりこんで、けっこう床も家具もメチャメチャ。
嫁の実家に電話したけど、帰ってない。友達のところにもいない。
嫁は仕事も無断欠勤。
結局5日間(俺が気づいてから3日)放浪した上で、帰ってきたけど、
今度はもう「浮気された。耐えられない離婚して」といって聞かない。
身の潔白を証明することはできないけど、タイムカード見せたりとかして何とか
浮気ではないと理解してもらったけど、それでも離婚の意思は変わらない。
メンタルクリニックに連れていこうとしても、言うこと聞かないし、ガラスや家具は
嫁の貯金と嫁実家が弁償してくれたけど、そんな仕事なのに浮気を疑って、家中の
ガラス割ってまわるような嫁の姿を想像するだけで、再構築するような気持ちに
なれなかったしで、慰謝料も何もせず、届けだけだして別れた。
別れてから半年ぐらいは、何か謝罪の手紙が来たり、逆に「浮気を疑わせた
お前が悪い」みたいな手紙が来たりとしんどかった。

それから10年経ち、今はお互い再婚しているけれど、ガラス片付けて、
窓にダンボール貼って、べっしょべしょに湿気た布団で真冬の風が吹きすさぶ中
寝た経験だけは忘れられない。

【仕事が修羅場すぎて帰れなかったら、家中のガラスが割られてて、嫁がいなかった。】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £41
870: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/21(月) 20:48:39.24
すみません、今週末修羅場を迎える家庭の者なんですが、その時の自分がどういう態度で
いるべきかの相談ってここでのってもらえますか。

十歳ほど年の離れた姉が婚約中に不倫して浮気相手と逃亡、っていうろくでもないことを
やらかしました。僕は未成年の弟です。
婚約者の方と弁護士さんが今週末家まで来てくださり、父母と話し合いをするんですが、
多分親は玄関で土下座すると思うんです。
その時、僕も一緒に土下座するのが筋なんでしょうか?相手の方からしたら僕も姉の身内
なんでしょうが、僕は姉の人格形成に関与していないし、責任とる立場でもないし、姉を
選んだわけでもないしで、正直土下座なんてしたくありません。
でも、父母が土下座の横で僕が直立というのも変ですよね。
話し合いには同席するわけないですが、父が体が不自由で出迎えには僕が介添えしなければ
いけません。やっぱり土下座すべきですか。

【十歳ほど年の離れた姉が婚約中に不倫して浮気相手と逃亡、っていうろくでもないことを やらかしました。】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £41
821: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/21(月) 03:01:17.77
母の修羅場か私(男)の修羅場か分からないけれどもまとめてみた。

私の母は、親が決めた人と結婚する直前に、ずっと好きだった幼馴染の父に
告白され、結婚をとりやめて父を選んだ。この時、母は両親に勘当された。
しかし、結婚直前で、母の妊娠が判明。
名家というのでも、有名な家というのでもないけれど、自営業で、代々世襲制の
親族経営をしているため、「父親がどちらか分からない者は家にいれない、おろせ」と
父の両親に迫られ、おろすのが嫌で、結婚自体白紙に戻し、兄を頼って
知らない土地へ行き出産した。
父は、「自分の子どもではない」と言って、認知はせず、父も他の人と結婚し、
子どもをつくった。
母は、何年かして両親と和解し、しかも一度破棄した結婚相手と、再び縁談が
持ち上がり、相手の両親が大反対する中、その人は、うちに婿に入るような形で、
家を捨てて母と結婚した。そして弟と妹をつくった。
私はその人を父(以下:養父)と思って育った。
(ここまでが前提)

【小学校6年生ぐらいに、ある日近所のおじさんが家にやってきて、「(私)を返せ」と 言いだした。】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £41
791: 1/6 投稿日:2012/05/21(月) 00:01:06.03
フェイク有り
事情あって弟に代わり私が家を継ぎ、彼が婿入りしてくれることになった
私父と彼父は、同じ厄介な持病持ちで意気投合し、長年の親友のよう
すっかり喜んだ両親は、私たちに自宅を譲ると言い出した
家は放っとくとすぐに竹やぶ化するし、いろんな害虫が湧くし、
何故か認知症のご老人達が徘徊した末の終着駅になってるし、色々大変
両親には管理がそろそろキツくなってきたので、私たちに家を譲って、
両親は町中にマンションの一室を買って暮らしたい、と言う
彼と相談して、結婚したら共同で両親から自宅を購入することにした

それを取り決めた数ヵ月後、彼父の家で同居してる彼兄・彼兄嫁と会った
初対面の彼兄嫁は明るい美人だった
二人で洗い物してる時に、こんなことを言われた
「地図で見たけど、実家広いねーお金持ちなんだねー。
 若いのにM町に自宅持ちとか、超セレブだよねー」

私の自宅があるM町は、昔は周囲の道路事情が悪く、地価も激安だったが
両親がそこの土地を購入、家を建てた直後に都市開発が始まり、地価高騰
交通の便はいいが自然も豊かという、今や人気の居住区になっている
そんな中でもうちは最高の環境なので、一番の金持ちと思われがちだが、
広い庭は全て市街化調整区域なので坪単価は激安だし、父は普通の退職リーマン
都市開発で財を成した人が多く越してきて、金持ちが多い地区ではあるけど、
M町住まいがセレブとか初耳だし、大都会でもないのに変な感覚と思った

【事情あって弟に代わり私が家を継ぎ、彼が婿入りしてくれることになった】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £41
772: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/20(日) 23:23:29.04
ホームセンターの配達車が義実家のかぶりの松の枝を折った。

一応謝りに来たけど「弁償すればいいんでしょ?」との口振りに義父が激怒。
「じゃあそっちの手配する植木屋さんでいいから、同価値相当の松に植え替えろ」と義父。
「そうします」とホームセンター。
連れて来た植木屋さん曰く「同程度の松を探すのは無理」「もしあったとしても無事定着するか保障できない」「価格を付けるのも出来ないが、同程度の松を買うなら、時価で億を下らない」との事。
漸く事の重大さに気付いたホームセンター側は本社重役共々やってきて土下座した。
「始めから、誠意を持って謝罪すればこんな事は言わない。今度からは気を付けろ」と義父。
結局、義実家出入りの植木屋さんが修繕してみて、無事枝が着かなければ、またその時考えると云う事に。
枝は無事着いて事なきを得たけど、ホームセンターの方は最大の修羅場だったろうな。

【ホームセンターの配達車が義実家のかぶりの松の枝を折った。】の続きを読む

このページのトップヘ