良く読まれている人気記事

今までにあった最大の修羅場 £32
238: 名無しさん@HOME 2012/02/16 20:55:14
連絡なしに休んだA係長の携帯に電話してみた。
「母が亡くなった。立て込んでいて連絡できなかった。慶弔休暇を欲しい」
「通夜・葬儀については後で連絡する」
そのままいくら待っても連絡が来ない。携帯にもつながらない。

会社も弔電やご香典やいろいろあるので困ってしまい、とりあえず香典を用意して
俺が自宅に様子伺い兼ねて行ってみることになった。
A係長のお母さん、死んでませんでしたw 先に香典出さずによかった。

事情を話すとA係長のお母さんも奥様もびっくりして、心当たりに電話しまくったところ
浮気相手と旅行にいってたことが判明w
居合わせた俺、般若のような修羅のような女性2人の間でいたたまれず、といって逃げもできず
身の置き所がないというのはああいう状態をいうのだと思い知った。

いい大人がもうちょっとばれないような嘘をついて欲しかったなという思い出話です。

【連絡なしに休んだA係長の携帯に電話してみたら、「母が亡くなった。」と言われたのに…A係長のお母さん、死んでませんでしたw】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £32
122: 名無しさん@HOME 2012/02/16 11:24:57
ふと思い出したので、流れ読まずに投下。
今では奥さんと、「あの時の270度ターン」と言っている笑い話。
冬で、まだ住んでる所がスパイクタイヤOKだった頃の事。
車の事や雪道走行を知らないと、想像しずらいかもしれない。

住んでた地域は北海道東部で、冬は雪はそれほど多くないが、
除雪車が通ったりする。
車道と歩道の間には、どけた雪で、1.5m以上の雪山が点在する状況。
道東は寒く、いくら除雪するとは言っても完全ではない為、
道路は踏み固められた雪がアイスバーンになる。
その上を車が通るから、交通量の多い道路は轍ができるんだけど、
その時は多分深さ2~3cmくらいだったんじゃないかと思う。

そんな街中の、そこそこ交通量の多い片道1車線
(とは言っても1車線にギリ2台並べる)の道路を走行していた。
交差点を先頭で信号待ちしていて、青になったから発進。
交差点を過ぎて15mほど直進後、その時は多分速度20km/h出てるか
どうか位だと思うんだけど、突然車がスリップ。
後輪が歩道側へ滑り、反対車線のタクシーの運ちゃんとばっちり
目があったのが修羅場。

【今では奥さんと、「あの時の270度ターン」と言っている笑い話。】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £32
65: 名無しさん@HOME 2012/02/15 22:57:16
今日あった超プチだが自分的に修羅場。

定時まで会社で業務して、そのあと客先へ打ち合わせ。
少し長引きそうなので、駅のコンビニでアンパンを買ってホームの端のほうで食べようかと。
コンビニ出てから改札までの間にアンパンを一度カバンにしまって、スイカの入っている財布をタッチして・・・

と改札でピンポーンとなって扉が閉まる。あれ?タッチが不十分?と思って手元はあまり確認せずにもう一度タッチ。
でも開かない。何度かタッチしてみるがだめ。そこで改札横にいた駅員さんが「それは・・・」と指さすので
ちゃんと見てみると・・・・財布ではなくアンパン。駅員は今にも笑い出しそうな顔、というか半分崩壊してる。
近くにいたJKのグループもこっちを見てクスクス。周りの人の視線もこちらに。死ぬほど恥ずかしかった。

朝は朝で電車の中で修羅場になりかけた。かろうじて間に合ったから脳内修羅場で済んだけど。
厄日なのかもしれん。

【改札でピンポーンとなって扉が閉まる。あれ?タッチが不十分?と思っていたらタッチしていたものが…www】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £32
58: 名無しさん@HOME 2012/02/15 22:35:00
2月まで就職決まらずに3月頭にようやく決まる

3.14地震でいろいろあって会社が倒産

1月まで就職決まらず先日ようやく採用
しかも2社同時に

1社断る

出勤初日にインフルで40度

採用取り消し

断った会社に頼んでみるも撃沈



亜嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああああああ

【出勤初日にインフルで40度→採用取り消し?!!!】の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £32
28: 名無しさん@HOME 2012/02/15 19:16:46
振込み先を間違えた場合、どうすればいいんだろ?
正しい振込み先にはもう一度お金を送るとして、間違えて送ったところにはどうすればいいんだろ?
向こうも
「何?このお金」
となるだろうし

全部私が悪いのだが、もう私の中が修羅場となっている
泣きたくなっている

【人生初めての振込みで間違っちゃった…】の続きを読む

このページのトップヘ